個人参加は無理?オートオークションで車を売るガイド

個人参加 オートオークション代行

オートオークションは中古車業者のために開催されているオークションです。個人での参加はできません。

入会資格を得るには古物許可証などが必要。中古車販売業を営んでいないと会員にはなれません。

今乗っている車を売りたいだけの人が1回だけ参加させてもらえるようなものではないのです。

しかしオートオークション代行業者というものが存在しています。個人に代わって車をオートオークションで売却してくれます。

オートオークションの代行費用

オートオークション代行

オートオークション代行業者にお願いすると、代金はおよそ10万円近くかかります。ちょっと高いなと感じるぐらいの値段。

オートオークションではそれなりに高く車が売れる可能性はありますが、代行費用を賄えるだけの落札金額に至らないケースも。

普通に買取店へ売ったときよりも損をする可能性だってあることは理解しておくべきでしょう。

ちゃんとした業者ならこのへんのリスクは説明してくれますが、悪質な業者はメリットしか口にせずデメリットは教えてくれません。

オートオークションはギャンブル的な要素もある売り方です。損をしてもいいぐらいの余裕は持っておきましょう。

あれこれ手間がかかった割にガリバーなどの買取店と同じぐらいの査定額しかつかなかったみたいな話はよくあることです。

知っておきたいオートオークションのデメリット

オートオークション代行のデメリット

意外と高い値段がつかなくて逆に損をするリスクは説明しました。しかしあと2つほど知っておきたいデメリットがあります。

ひとつは車を実際にオートオークション会場へ運ばないといけないこと。代行代金が高いのはこの陸送代金が含まれているからです。

まだ売れてもいない車を引き渡す感じになるので精神的に不安だし、車のない生活がしばらく続くことにも対応が必要になってきます。

もうひとつあるデメリットは売れ残るリスク

オートオークションに出品された車全部に買い手がつくわけではありません。半分近くは売れ残ります。

オートオークションは週に一度の頻度で開催されているので、売れ残った車は翌週にもう一度出品されます。

同じ最低入札価格のまま出品してもまた売れ残る可能性が大きいので、少し安い値段での落札を狙います。

それでも売れ残ってしまったら、また翌週に再々トライ。さらに値段を下げてなんとか買い手がつくように頑張ります。

ちなみにこの再出品には1万円ほどの追加費用を請求されます。売却の代金は下げていかないといけないのに、費用だけ増えていくという最悪のシナリオが待っています。

車が手元にない期間も長期化していきます。

オートオークション代行で車を売る方法が一般化していかない背景には、こうした問題点が潜んでいるのです。

ネットのオークションが台頭してきている

オークションで車を売る

オートオークションはやはり中古車業者の仕入れの場です。個人での利用には限界を感じます。

しかしそれでもオークションという形式はやはり魅力的。仕入れ業者が競争して値段がアップしていきますからね。

だからといってヤフーオークションなどでの個人売買はリスクが大きすぎます。着なくなった服を売るのとは違い、車のような高価なものを個人で売買するのは不安が大きすぎ。

名義変更など手続き面に伴うリスクも潜んでいます。

インターネットを介して個人と買取店をつなぐオークション

そうした事情もあっていま台頭してきているのは個人対個人ではなく、個人と買取店をつなぐインターネットオークション。

ヤフオクやメルカリとは違って車の買取店だけが落札に参加できます。たくさんの買取業者がオークションで競るため、近所の買取店へ売りに行くよりは高い値段が付きやすいです。

利用は完全に無料なので費用面でのリスクがないのも大きな利点です。売却先が見つかったあとも仲介料などは一切発生しません

オートオークションと違って車を実際に会場に運ぶ必要がないのもメリット。オークション出品期間中もそのまま車のある生活が続けられます。こちらのオークションサイトでは車の写真やデータだけが公開されます。各買取店はその情報と実地査定の結果を見て値段を入札してきます。

実車の査定はさすがに必要で、1回だけ査定士に車を見せる必要があります。しかしこれは提携しているガソリンスタンドでOK。どこか遠くの会場まで車を運んでという手間は不要です。

デメリットはオートオークションほどの査定額の伸びはないこと。まずまずの水準までは上がりますが、オートオークションよりは低め。

しかしオートオークションの場合は高額な代行費用が発生します。その分を考慮して計算すると、両者はそれほど変わらなくなります。

スマホでオークション

ネットを介して個人と買取店をつなぐという、スマホ時代だからこそ生まれたこの売り方。

オートオークション代行は結局世間には広まらなかったけど、このインターネットオークションは今後一般化していく可能性を秘めています。

このタイプで一番利用者が多いのはユーカーパックが運営するオークションです。関連記事も参考にしてください。


関連記事:
個人と買取店をつなぐオークションで利用者が多いのはこの3つ