ユーカーパックでの車の引き渡しと売却代金の受取り

買取店から入金

出品期間を終えて売り先を決定すると、その買取店はすぐにユーカーパックへ買取代金を振込みます。

3営業日以内という規定があるようで、行動の早い買取店ならもう翌日にでもすぐに振込みを行います。

この買取店からの代金振込みというステップが完了しないと、車や書類の引き渡し作業はスタートしません

こうした配慮はありがたいですよね。

車や書類は渡したけどお金が振り込まれないみたいなトラブルって絶対嫌ですよね。ユーカーパックでの車売却ではまず先に買取店がお金を払うことになっているので安心できます。

書類の郵送

買取店から代金がちゃんと振り込まれたらユーカーパックから連絡メールが来ます。このメールに書類についての説明も載っています。

後日ユーカーパックからいくつか書類が送られて来るので、それにハンコを押して返送しましょう。

このとき一緒に以下の書類も送らないといけません。準備しておきましょう。

  • 自動車税納税証明書
  • リサイクル券
  • 印鑑証明書(発行から1か月以内のもの)

上の2つはすでに手元にあると思いますが、印鑑証明書だけは市役所まで取りに行かないといけません。

車の売り先が決まったあたりでもう取りに行く日を考えておいたほうがいいです。遅れると売却手続きも進まないため、売ったお金を手にできる日もどんどん遅くなってしまいます。

車の引き渡し

書類はユーカーパックへ郵送しますが、車は直接買取店へ引き渡します。

ユーカーパックから電話がかかって来るので、引き渡し希望日を伝えましょう。車はその指定した日時に買取店が自宅まで取りに来てくれます。

このとき以下の書類も渡さないといけません。忘れず車と一緒に引き渡しましょう。

  • 車検証
  • 自賠責保険証明書

引き渡し期限は買取店からユーカーパックへ代金が振り込まれてから8日以内。オーバーすると損害金が発生してしまいます。長期海外出張などと重ならないよう注意が必要です。

お金が振り込まれる

書類をユーカーパックへ郵送して、車を買取店に引き渡せば、あとはもうお金が振り込まれるのを待つだけ。

買取店は車を持ち帰ったらすぐにユーカーパックへ引き渡しが完了したことを書類で報告します。その確認が済むと無事に契約成立。2営業日以内にユーカーパックからお金が振り込まれてきます。


>>売却手順の一覧チャート表へ戻る