【需要期に売れ】車を売るベストの時期は2月から3月

車を売るベストの時期

3月は車が実によく売れる時期です。新車も中古車も販売台数がかなり伸びます。

新生活を始めるタイミングでもあるし、自動車業界の決算期でもあるからです。

年に一度のこの需要期に備えて買取店などでは車をたくさん用意しておこうと考えます。

買取ってきた車は店頭に並べた瞬間にどんどん売れていく時期です。業者用オークションでも車がガンガン高値で落札されていきます。

だから私たちが車を売るタイミングを考えたときも2月と3月はベストの時期。普段よりもいい査定額が付く可能性があります。

爆アゲに期待する営業マン

3月は車がよく売れる時期なので、営業マンも爆アゲのような嬉しい誤算を期待できる時期です。

110万円ぐらいで販売するのが妥当かなという車でも、3月なら120万円とか130万円とかで売れたりします。

3月はみんなが車を欲しがっている時期です。

爆アゲが期待できるので営業マンは当然買取でも強気に攻めてきます。1円でも安く買取るのが営業マンの使命だけど、需要期は多少の無理も厭いません。爆アゲ販売で挽回できたりするから。

さらに需要期は数を揃えることも非常に重要になってきます。

いくらでもお客さんが来訪する時期なのに肝心の車がないとなったらみすみす儲けを逃すようなもの。

3月の需要期は売れ残る心配も少ないため薄利多売にも持ってこいな時期なのです。

自動車税の還付で考えても3月売りはベスト

査定額アップとは関係ありませんが、自動車税の観点からも3月に車を売るのはベストです。

自動車税はその車の4月1日時点の持ち主に1年分全額の支払義務が発生し、前払いで納めないといけません。だから3月末までに売ってしまわないと1年分をタダ払いです。

中古車販売店では慣例的に還付もやっていますが、これも実はあまり期待できるものではありません。

例えば9月に車を売ったとしたら、それ以降の半年分の自動車税は買取店が還付してくれることになっています。でも実際は「査定額にその分も含まれています」の一点張り。

本当に還付金が査定額に含まれているのかは怪しいところです

自動車税は1年分だと4万円とか5万円になります。バカに出来ません。高価買取を目指すなら自動車税は無視できない問題です。

それを考えるとやはり車を売るベストの時期は2月3月です。


>>コツ4「交渉はシンプルに」へ


>>「車を高く売るコツ」一覧ページへ戻る