【交渉のコツはシンプル】買取店と正面から交渉してはダメ

車売却の交渉のコツ

一括査定を利用した場合は交渉のチャンスも生まれます。しかし買取店の営業マンとガチで対決してはいけません。

車売却交渉のコツは、よけいなことをしない・言わない。シンプル・イズ・ベスト。

交渉の場で営業マンはいろんな罠を仕掛けてきて、私たちによけいなことをさせよう・言わせようとしてきます。こうした話術にはいっさい付き合わないように。

「査定額が一番高いところに売るつもりです」とだけ伝えて、変な口車には乗らない。

彼らは車を安く買取るプロです。毎日客と交渉して金額のせめぎ合いをしています。素人である私たちがどうこう出来る相手ではありません。

営業マンを出し抜くのは無理。

ネットで仕入れた生半可な知識なども披露しない方がいいです。逆に知識の浅さを見透かされるだけです。

営業トークには乗らない

営業マンはいろんなことを言って揺さぶりを掛けてきます。それを全部受け流しましょう。のれんの如く右から左へ受け流していくのです。


例えば「即決してくれるなら70万円出します」と言われても受け流すだけ。

「査定額が全部出てから決めます」



「いくらなら即決してくれますか?」と聞かれても受け流す。

「一番高いところに売ると決めています」



「今この場で査定額を申し上げることは出来ません。だってウチが1社目でしょ?叩き台にされたくないので」

「おりがとうございました。お気をつけてお帰りください」



「最後に電話くれますか。一番いい値段で買わせていただきますので」

「査定額が全部出たら一番高いところに売ります」


「一番高い店に売る」の一点張りで

一括査定に申し込んだので一番高い店に売る

交渉時に営業マンは実にいろんなことを言ってきます。そしてそれらは全部魅力的な提案に見えます。

しかしどれも私たちを釣り上げるための餌にすぎません。

営業マンは車を安く買い叩くのが仕事です。うまい話などあるはずないのです。

だから何を言われても「一番高い店に売る」の一点張りで押し通しましょう。それが最善の方法です。

「一括査定に申し込んだので5社に見てもらうことになってます。その中で一番高い値段を付けてくれたお店に売ります」

何を言われてもこの一点張り。

こういうシンプルな対応が営業マンは一番困ります。駆け引きを仕掛けようにも取り付く島がありません。

査定額が全部出揃ったら上位2社にだけ電話をして「ライバル店は80万円で買取ると言ってます。オタクはもっと出せませんか?」と最後の交渉をしても良いでしょう。

でも出張査定の段階ではよけいな交渉はしない方がいいです。査定額が全部出揃うまではとにかくシンプルに。


>>「車を高く売るコツ」一覧ページへ戻る