【競争を煽れ】車売るならどこがいい?高く売れる店

車売るならどこがいい?高く売れる店

車を売るならどこがいいのかと言うと、ディーラーの下取りよりはやはり買取店です。

そしてひとつの買取店よりはやはり一括査定やオークションの方が高価買取です。競争状態を作れるから。

車を売るときに「高く売れる店はどこか?」と考えてもあまり意味がありません。重要なのは競争状態になっているかどうか。1社か複数社かの違いの方がはるかに影響が大きいです。

買取店1社にしか査定してもらわなかった場合はやはりたいした金額になりません。

複数社に査定してもらって競争を煽るのが車を高く売るときの鉄則です。

天地の差が出ることも

車売るならどこがいい?高く売れる店

買取店の営業マンはとにかく車を安く買取ろうとします。どんなに安い金額で買取っても詐欺罪で捕まったりしませんからね。

本当は80万円ぐらいで買取るのが相場の車でも、1社独占状態で競争相手がいないなら25万円で買取られてしまうことだって本当にあります。

もう営業マンは大喜び!

競争のあるなしで天地ほど差が出ることだってあるのが車買取の世界です。

一括査定やオークションではこうしたバカ安な査定額は出てきません。ライバル社が70万円とか80万円とかつけてるのに自分だけ25万円を提示しても相手にされませんからね。

それで仕方なく他社に負けない金額を出して来るわけですが、競争が加熱すれば相場の80万円を超えて85万円・90万円と査定額がアップしていきます。

高い金額を出さないとライバルに負けるから仕方ありません。

車買取による赤字

赤字にならないかこっちが心配になってきますが、実際赤字という事態もあるようです。当然ながら上司にはかなり怒られます。

それでも相場以上の値段がたまに付くのは、買取店としても売るときに思わぬ爆アゲに遭遇するから。

80万円で仕入れてきた車はいつもなら110万円ぐらいで売ったり業者向けオークションに出したりするけど、たまにオークションが加熱して130万円とかになったりします。営業マンにとっては嬉しい誤算です。

赤字覚悟で高値買取してもこうした爆アゲが起きたらその分を挽回できます

店頭で売る場合でも試しに130万円という値段で並べてみたら、意外と簡単に売れたということだってあります。どうせ130万円では売れないからそのうち110万円に値下げしようというプランだったのに。

車もやはり実際に販売してみないといくらで売れるかわかりません。だから赤字覚悟で買取るのも時にはアリなのです。

まとめ:複数社で査定が鉄則

車を高く売るには複数の買取店を競争させること

車を査定してもらったときに出てくる買取金額は3つのパターンがあります。

ひとつは相場に近いノーマルパターン。複数社で査定してもらえば大抵はこのパータンになります。

一番最悪なのが買い叩かれるパターン。相場は80万円ぐらいの車なのに25万円とか提示されたりします。1社でしか査定しなかったときにこのパターンが起きます。

逆に一番上手くいったケースは赤字覚悟の高価買取パターン。車種とか時期とかいろんな要因が絡んでくるため狙って起こすことは難し面があります。

しかしひとつだけ確実に言えるのは、競争状態を作れていないとこの赤字覚悟パターンは絶対に出てきません。

車を売るときは複数社を競争させるのが鉄則です。

とにかく高く売りたいなら一括査定

電話の対応とか交渉などが面倒ならネットオークションでも良いでしょう。


>>コツ2「スピード感を出す」へ


>>「車を高く売るコツ」一覧ページへ戻る