ローン残債の車をユーカーパックで売るときの注意点

ローン残債の車をユーカーパックで売る

まだローンが残っている車であってもユーカーパックで売却することが出来ます。

車を売った代金をローンの精算に当てられるようにもしてくれます。

このへんの所有権解除やローン会社への連絡などはユーカーパックが代行してくれます。だから自分でローン会社に連絡したりする必要がありません。もちろん陸運局へ所有権解除に出向く必要もありません。

売却先が決まったあと必要書類をユーカーパックへ送ると、向こうが手続きを全部してくれます。

ローンの支払いが終わっている車を売るときとやることは何も変わりません。何か特別にやらないといけないことが出てくるかと言えば何もなくて、申込みから売却完了まで普通のときとまったく一緒

違いは売却代金の振込みまでの日数が少し遅くなること。

ユーカーパックとローン会社の間で書類のやり取りがあるため、車の売却代金を手にできるまでの期間が通常より遅くなります。気持ちに余裕を持たせて売却完了の知らせを待ちましょう。

車の売却代金だけではローンを完済できない場合

車の売却代金だけではローンを完済できない

ローン残債の車を売るときに問題になるのが、売却代金だけではローンを完済できないとき。

この足りない分は自分の財布から捻出する必要があります。

ローンがまだ100万円残っているけど、車は80万円でしか売れなかったと。この場合は残りの20万円を何とか用意する必要に迫られます。

もし用意できないならユーカーパックで車を売ることは不可。この足らない金額に対して別のローンをあらたに用意してくれるような買取店を探すしかありません。

ユーカーパックはこの手のローン借り換えには対応していないので、自力で対応店を探しましょう。

しかし何とか見つけることが出来たとしても、こうした弱みがある場合は交渉上相手が有利。安い値段で車を買い叩かれる可能性大なので注意してください。

だから足らない分はやはり一括で払いきるのがベスト。消費者金融などでお金を借りてでも払いきってしまった方が結局は得なとこが多いのです。

どこかでお金を借りてでも払い切るか、もしくは足らない分のローンを組んでくれる買取店を見つけるか。

どちらが良いのか判断に迷う部分ではありますが、一般的にはやはり払いきる選択をする人が多いようです。買取金額と利息の兼ね合いで計算すとこちらに分があります。

ローンを払いきれないという不利な状況で査定額の交渉をするのは、いくら何でも無謀です。買取店にとっては鴨がネギを背負ってやって来たようなもの。バカ安い買取金額で車を仕入れるまたとないチャンスです。